ワイモバイル モバイルルーターの評判は?

ワイモバイルのモバイルルーターに興味を持っているものの、どのように情報を集めたらいいのかわからないという方も多くいるかもしれません。ワイモバイル側の情報を調べたとしても、どのような特徴があるのかいまいち理解できなかったという方も多くいます。そこで興味を持っているのであれば、モバイルルーターに関する評判を調べてみるのも1つの手です。

 

実際にワイモバイルのモバイルルーターに関する評判を参考にするのであれば、どのような点を中心にチェックしたらいいのか把握しておくことも大切です。そのポイントの1つとして、速度があげられます。通信に利用するからこそ、快適な速度で利用できるかは大切な問題です。ただしワイモバイルの評判というのは、時期によって変わることもあります。そのため最新の評判をチェックして、今のワイモバイルのモバイルルーターの情報から、利用を決めるようにしましょう。また速度については、時間帯による違いはあるのかなどの意見をチェックすることも大切です。

 

ワイモバイルに制限はある?

ワイモバイルのモバイルルーターには、購入するモバイルルーターによってプランが2種類あります。

 

購入するモバイルルーターが、603HWと504HW、502HWの場合にはPocket WiFiプラン2となり、601ZTと506HWの場合にはPocket WiFiプラン2ライトとなります。

 

Pocket WiFiプラン2は、4Gの月間高速通信容量が7GBまでに制限され、7GBを超えるデーター通信は最高通信速度が128Kbpsとなりますが、アドバンスオプションに加入する事で4Gの高速データ通信容量に制限が無くなります。

 

Pocket WiFiプラン2ライトは、4Gの月間高速データ通信容量が5GBまでに制限され、Pocket WiFiプラン2と同様に5GBを超えるデータ通信は最高通信速度が128Kbpsとなりますが、Pocket WiFiプラン2とPocket WiFiプラン2ライトの両プラン共に500MB毎に500円追加料金を払う事でデータ通信速度が4G高速通信速度に戻す事が可能です。

 

ワイモバイルの解約方法

ワイモバイルのモバイルルーターを解約する方法ですが、解約方法としてはお店に行って手続するだけです。ただ、解約する際には注意が必要です。

 

まず第一に気を付けなければいけないことは契約期間です。いわゆる2年縛り、あるいは3年縛りといった契約があり、この期間は必ず使い続けなければいけないといった趣旨のものです。2年、3年は考えている以上に長い期間であり、期間内の故障リスクや生活環境の変化などによってモバイルルーターが不要となることもあります。単純に別のモバイルルーターに切り替えたくこともあるでしょう。途中の期間で契約を解除する場合、違約金などが発生することが多いのでこの点は覚悟が必要です。契約期間が終了した当月、あるいは翌月の一か月に限り、契約解除料がかからずに解約できるため、この期間を逃さないように注意しましょう。手続きを行わない場合、自動的に契約が更新されるケースがほとんどですので、現在使用中のモバイルルーターの契約月を忘れないようにすることが大事です。

 

ワイモバイルのルーターはレンタル可能?

外でネットを使いたい時に、モバイルルーターは使いやすい商品です。このような商品を提供しているのが、ワイモバイルで良いサービスを提供しています。
ワイモバイルを利用する時は必要な商品を、買う事になるのでは考えている方もいます。しかしレンタルでも利用ができるので、少ない負担で使うことも可能です。
ワイモバイルのモバイルルーターは、レンタルならば安い料金で借りられます。商品を購入する場合は大きな負担になりますが、借りるならば安くすみます。
この方法はビジネスで多くのものを用意したいときに、コストを小さくできる点が優れています。レンタルで借りた商品の保証もあるため、トラブルが起きた時の対応もしてくれます。
外でネットを使いたい時は、ワイモバイルのモバイルルーターが便利です。利用する時もレンタルで頼めますから、少ない負担で借りられる使いやすい商品です。手続きはネットや電話を使って行えるため、自宅や会社から仕事を頼めます。

 

ワイモバイルルーターが使えるエリアは?

ワイモバイルでは、提携しているソフトバンクの回線をそのまま使用しているため、モバイルルーターの利用可能エリアも、もちろんソフトバンクと同様です。
障害物があっても電波が回り込んで届くために繋がりやすいプラチナバンド、および、プラチナバンドLTEは、現在もっとも普及している快適な高速通信の4Gに対応し、北は北海道から、南は沖縄まで、人口カバー率99%以上を占めています。
また、2020年に実用化を目指して実証実験が行われている5Gは、固定回線の光ファイバー並みの速度を誇り、複数のアンテナによるビームフォーミングで接続の安定性と快適なレスポンスを実現するMassive MIMO、4x4 MIMO、情報密度を高めて一度に送信できるデータ量を増やす256QAMと言った、最新技術に対応しており、利用可能エリアは、渋谷、新宿、原宿、大阪、札幌で、今後も全国の主要駅とその周辺、繁華街、競技場、イベント会場などで順次拡大して行きます。
一例を挙げると、ワイモバイルのPocket WiFi 603HWは、4Gならば日本全国で利用できるのに加えて、5G対応エリアでも利用可能で、下り最大612Mbpsを実現しています。

 

ワイモバイルの料金はどれくらい?

ワイモバイルのモバイルルーターの料金は、モバイルルーターの機器の購入代金とデータ通信プラン料金が必要になります。購入するワイモバイルのモバイルルーターが603HWと504HW、502HWの場合には、契約期間の無いベーシックプランでの単体購入の場合には月々5,696円の支払いとなり、契約期間が3年のさんねんプランでの単体購入の場合にはベーシックプランの料金から2,000円割り引かれて月々3,696円の支払いとなっていますが、ベーシックプランもさんねんプランも37カ月目以降も月々の支払い額に変動は無く固定されています。購入するモバイルルーターが601ZTと506HWの場合には、契約期間の無いベーシックプランでの単体購入の場合には月々4,480円の支払いとなり、契約期間が3年のさんねんプランでの単体購入の場合にはベーシックプランの料金から2,000円割り引かれて月々2,480円の支払いとなっていますが、ベーシックプランもさんねんプランも37カ月目以降も月々の支払い額に変動は無く固定されています。

 

ワイモバイルのモバイルルーターは遅い?

モバイルルーターを用いてスマートフォンやパソコンでネットに接続していると、読み込みなどが遅いと感じた人は多いでしょう。ワイモバイルなど近年のモバイルルーターは、接続の早さをウリにしているものが多いですが、それでも遅くなってしまうことには、一定の理由が存在します。
まず、考えうる一番単純な理由として、通信制限に陥っていないかを確認することです。3日間の合計が10GBを超えている、あるいは1ヶ月の合計が7GBを超えている場合には通信制限がかかってしまうため、当然遅くなってしまいます。
次に、住んでいる地域がモバイルルーターの範囲に入っているかどうかを確信しましょう。普通は契約の際に確認してもらうことができ、また最近ではワイモバイルなどのモバイルルーターが使える範囲は拡大しているため、山の中や僻地に住んでいない限りはほとんど問題ないですが、希に範囲内に入っていない場合もあり得ます。そのため、必ず使える範囲や、電波が届きにくい範囲などは確認するようにしましょう。
テレビなど他の家電の電波が干渉していることや、接続数が多くて込み合っていることなども、遅くなる理由として考えられます。

 

ワイモバイルのルーターに速度制限はある?

ワイモバイルのモバイルルーターは、出先でも自由にインターネットが使える便利なアイテムです。とはいえ、出先で動画や大容量通信を要するゲームなどを使っている人は注意が必要です。盛んなデータのやり取りは、速度制限に引っかかる可能性があります。
基本的には、ワイモバイルの契約時に設定された通信量を超過すると、モバイルルーターが低速化します。プランによって異なりますが、最低で1GB、最高でも7GBオーバーで速度制限は免れません。こうなると、月末までこの状態が継続します。やはり速いに越したことはありませんので、超過には十分気をつけていきましょう。
低速化したワイモバイルのモバイルルーターは、一度だけ低速化解除が可能です。お知らせメールに記載されているURLをタップし、申し込めば一定の通信量が補充されます。ただ有料なのに加え、あくまで一時しのぎですので、速度制限に陥らない計画的な利用が大切です。普段の使い方を見直して、ワイモバイルのモバイルルーターをストレスなく活用していきましょう。