モバイルルーターは本契約とレンタルならどっち?

モバイルルーター本契約とレンタルの違い

モバイルルーターの使用を考えている場合、何を目的として利用したいのかをよく考えてみましょう。

 

契約を行うと、月々の端末代と通信料金が発生します。

 

今使っているスマホやタブレットの通信量を増やす目的や、少しでも携帯側は安いプランに抑えてモバイルルーターを運用し、多くの通信を行いたい場合には契約を行った方が利便性があります。

 

レンタル業者にて決まった期間だけルーターを借りる方法もありますが、使用したい度に毎月借りていては、受け取りと返却までに時間と手間が掛かってしまいます。

 

ただし、旅行や出張などの決まったタイミングのみルーターを使用したいのであれば、年間に掛かる費用を考えてもレンタル業者で借りてしまう方が安く済ませる事が可能です。

 

本契約した場合

契約を行う最大のメリットはプラン変更や何かトラブルがない限りは使用し続ける事が可能です。

 

住んでいる場所を引っ越しで離れてしまってもモバイルルーターは持ち運びに特化しているので、通信の受信エリアでなら問題なく利用出来るでしょう。

 

端末と同時に契約を行うと、キャンペーンで月額必要が安く抑えられるメリットもありますが、注意したい点は問題なくルーターが使用出来るかです。

 

実際に住んでいる場所が通信のエリア範囲内でも受信が鈍く、中々インターネットに接続出来ない場合もあり、そんな不具合を知らずに手続きをしてしまっては、解約する際に手数料が発生してしまいます。

 

そういう場合も考慮するなら同じ端末で同じ通信手段の物をレンタル業者で事前に借りてみて、通信の安定性を確かめる事も可能です。

 

レンタルの場合

レンタルは1日からでも貸し出しを行っていて、安ければワンコイン程度で済むため、端末の使い勝手を知りたい方には便利な方法です。

 

レンタル業者は現在、店舗を構えている場合とネットで申し込みを行い配送されてくるパターンがあります。

 

ネットの方が気軽に申し込みを行えるメリットがありますが、希望する配送日時を当日や前日にしてしまうと、配送業者側の影響で希望する日時より遅れて到着してしまう場合があります。

 

なるべく利用するよりも数日早く受け取りを行っておく方が得策です。

 

初めてレンタルでチェックしてからをおすすめします

これら二つの方法では根本的に利用方法が異なるため、自分の使い方を考えてから行動に移すのが良いでしょう。

 

今までモバイルルーターを持った事がない場合は、事前にレンタル業者で一週間から一ヶ月程借りてみて、実際に使用してみるのがオススメです。

 

携帯の通信量を抑える効果があった場合や、旅行先での通信手段の確保としての利便性、速度制限に引っ掛からずに携帯やタブレットを自由に楽しめたなどのメリットを感じた場合には端末との同時契約が良いでしょう。

 

実際に使用してみて利便性を感じたものの、高頻度で使う用途がなく、出張や旅行、外出時にのみだけ使いたい場合に便利な使い方としてはレンタルが便利です。

 

最終的にはあなたの利用方法によって選びましょう

利用方法は、その人の私生活が違えばお得になる人、損をする人が居ます。

 

一人暮らしする場合

モバイルルーター本契約とレンタルの違い ひとり
一人暮らしの場合なら、どちらの方法にも利便性がありますが、就活を控えている大学生は注意が必要です。

 

仕事が決まり、新たな生活環境を整えた際に、借りる賃貸物件に光回線が導入されている場合があります。

 

近年では賃貸物件にインターネット環境が整っている物件が数多くあるので、途中でルーターの契約を手放したいと考える場合もあるでしょう。

 

手続きの内容によっては2年や3年の条件で手続きを済ませているので、急遽解約をする際には発生する料金が増えてしまいます。

 

重要視したいのは近い内に環境の変化があるかどうかです。

 

学生の場合は親元を離れる、一人暮らしを始める、就職をするなどの変化があり、社会人になると結婚をするなどの変化があります。

 

状況に応じた手続きを行うためには、レンタルの方が複雑な条件が付いていない点では有利です。

 

実家暮らしの場合

モバイルルーター本契約とレンタルの違い 実家暮らし
一人暮らしではなく、家族で利用する場合は1台のモバイルルーターを常に手元に置いておけば、家族で共有して使用できます。

 

端末によりますが、1台で多くて10台まで同時に端末機器を接続できるので、父、母、子供や祖父母と一緒に使用するとコストを抑える事が可能です。

 

1台あれば活用の幅は広がり、用途に応じて利用出来てオススメです。

 

ただし、家族での利用でレンタルを使用する場合は借りる度に毎回の接続の手間や、受け取り、返却の手間が掛かって来るので使い勝手としては不便ですが、必要時にしか使わないので、料金的な面はとても経済的です。

 

まとめ

どちらの利用にもメリットとデメリットがあり、料金面を重視したいのか、使い勝手を重視したいのか、通信速度を気にせずに利用したいのかを考えると自分の使い方が見付かるでしょう。

 

また、モバイルルーターは国内向けだけではなく、海外旅行に行く場合の貸し出しも行われています。

 

レンタル業者で事前に借りて渡航すると、現地で通信手段に困らずにインターネットができ、過度な請求が発生する心配もなく使用出来るので、自分に合った使い方を見付けられると使い勝手が更によくなるでしょう。