バッテリー容量で選ぶならどんなモバイルルーターがいい?

モバイルルーター バッテリー容量

外出先でインターネットをする時には、スマートフォンのテザリング機能を使うか、公衆無線LANサービスを使うか、モバイル回線用のSIMを挿入したモバイルルーターを使う事になります。

 

スマートフォンのテザリング機能は、現在どのキャリアでも使えるようになっており、ほぼ全ての端末で使う事が出来ます。

 

しかし、キャリアで契約しているモバイル回線のプランによってフルスピードで通信出来る容量は決まっており、月あるいは日によって通信制限がかかってしまう事があります。

 

公衆無線LANサービスは、キャリアとの契約でオプションで使えたり、飲食チェーンで店内告知されていたりして、設定さえ行えば、誰でも直ぐにインターネットに接続出来る点で便利です。

 

しかし、月額利用料を支払って使用しているのではなく、無料で誰でも使えるサービスを使っているのであれば、セキュリティ面で不安があります。

 

特にIDとパスワードでログインするタイプのオンラインサービスを使う場合、それらが漏れてしまう可能性は否定出来ません。

 

セキュリティや通信制限の問題を出来るだけ解消出来るのがモバイルルーターです。

 

ポケットWi-Fiサービスを使う利点は、ユーザーがキャリアと直接契約してポケットWi-Fiサービスが全く知らない他のユーザーと共有するリスクを防ぐ事ができ、必要に応じて無線LANで端末を複数同時接続し、セキュアな環境でインターネットを使える環境を構築出来る点でしょう。

 

ポケットWi-Fiで使われるモバイル回線にも、データ使用量に対する通信制限は設定されているケースがありますが、スマートフォン向けのプランよりも適用条件が緩やかであり、比較的自由に使えるようになっています。

 

ユーザーが外出先でのインターネットを接続する為のツールとして活用出来るモバイルルーターを選びたいと考えた時に選ぶポイントはいくつかありますが、高速化技術に対応している事、シンプルな料金プランになっている事、対応端末のバッテリー容量が十分にある事を押さえておくと良いでしょう。

 

バッテリーの容量が大容量である事で、外出時の使用において途中で通信出来なくなってしまうという事を減らす事が出来ます。

 

新しいモデルが大容量化&省エネ設計なのでおすすめ

ここ最近発売された端末は、高速化技術を最大限に活用して高速にデータ通信を行えるようにするモード、高速化技術の使用を控えて出来るだけ省電力で動作させるモードが搭載されています。

 

いずれのモードを使うかはユーザーの用途次第ですが、高速化モードであってもバッテリー容量は十分に確保されているモデルが増えていますので、従来のモデルよりも考慮すべき事では無くなってきています。

 

バッテリー容量を重視してモバイルルーターを選ぶのであれば、最新モデルか少し型落ちモデルを選ぶのが良いです。

 

但し、注意するべき事は新しいモデルほどSIMのサイズが小型化されていますので、機種変更をしたいという人はSIMの変更も行わなくてはいけません。

 

その手間を省くには、今使っているサービスを解約して新規契約をするのが有効な手段です。

 

モバイルルーターを新規契約するのであれば、選択肢は大きく広がってきます。スマートフォン向けのプランを提供している大手キャリアやMVNOは、データ通信専用プランを用意しており、これをモバイルルーターで使えるようにしているケースが多数あります。

 

音声通話は出来ませんが、大容量のデータ通信をしたいという時には、この大容量プランを選ぶのが多くのユーザーの用途に丁度良いでしょう。

 

また、データ通信に特化したモバイルインターネット接続サービスも存在しており、こちらはスマートフォン向けのデータ通信プランとは違って、2年契約や4年契約などをする事でほぼ無制限でフルスピードでの高速データ通信を行う事が出来ます。

 

このようなサービスの中には、3日10GBを超えた場合、18時から翌日2時まで通信速度制限を行って、それ以外の時間はフルスピードで使えるとしているケースもあります。

 

ユーザーはバッテリー容量を重視して対応端末を購入する事で、いつでも外出先でインターネットを使える環境を整えられます。

 

複数の端末を持っている人であれば、複数の端末を同時に無線LANでルーターに接続してインターネットを使うケースは多いでしょう。

 

外出先でも同じような事が出来れば、いつも行っている作業を継続して行う事が出来ます。

 

モバイルルーターはセキュリティを強化しながら、通信制限を緩める為の手段として効果的であり、動画視聴やオンラインサービスの利用などを行うのに役立ちます。

 

外出先でも自在にインターネットを使いたいというユーザーは、ポケットWi-Fiサービスを積極的に活用していった方が良いでしょう。

 

モバイル用途でも自宅での利用でも好きな使い方ができ、有線LANや固定回線のようにケーブルで行動範囲が決まってしまうという事もありませんので便利に使えます。

 


関連ページ

中国製モバイルルーター
中国メーカーが作っているモバイルWi-Fiルーターの安全性は?バッテリーの発火や、勝手に通信情報がメーカー側に送信されたりしてないの?
モバイルルーターの選び方
モバイルルーター端末はどう選べばいい?バッテリー持ちやデザイン、発売日などモバイルルーターを選ぶときに気にしたいポイントについてまとめています。
旧WiMAX回線はいつまで使える?終了後の影響は?
初代WiMAX回線のサービス提供終了が発表されています。そこで旧WiMAXがいつまで使えるのか、現在使える速度やサービス終了後の影響についてまとめました。
モバイルルーターのIPアドレス
モバイルルーターのIPアドレスを知る方法について。IPアドレスとはどんなものか、種類や特徴、モバイルルーターのIPアドレスを変更する方法も紹介しています。
モバイルルーターを遠隔操作(リモート操作)する方法と使用例
外出先でインターネットを使うときに便利なモバイルルーターを遠隔操作(リモート操作)する方法について。遠隔操作するために必要なアプリ情報をメーカー別に紹介しています。